二重まぶた全切開法/横浜美容クリニック

jacs日本美容外科医師会認定

YBC 横浜美容クリニック

オンライン予約 無料メール相談

0120-63-0031

受付時間 10:00~19:00 / 土曜・祝日も診療(日・月休診日)

秋のおすすめ施術 医療レーザー脱毛 美容皮膚科 今すぐCHECK‼
診療カレンダー
2020年 9月
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3

休診日

土曜・祝日も診療(日・月休診日)/ 電話受付は年中無休です。

このような方におすすめです

  • 重たいまぶたをすっきりしたい。
  • 幅広のくっきりした二重にしたい。

そもそも二重まぶた全切開法とは?手術概要をご紹介

埋没法や部分切開法(小切開法)とは全く異なる方法です。

脂肪やたるみがあり、重たいまぶたの方や、埋没法では出来ない幅広のくっきりした二重を希望される方に最適です。

まぶたを切開しくっきりとした二重を形成する手術です

・自然な理想の二重幅をデザイン

二重まぶた全切開法は、まず患者様の希望にあわせ二重ラインをデザインします。

幅広いラインでくっきりとした二重をご希望される方もいらっしゃいますが、過剰に皮膚を切除すると不自然な印象の二重になってしまう可能性があるので注意しましょう。

・まぶたを切開し余計な脂肪を除去

二重のラインに沿って切開し、重たいまぶたの印象を与える原因となる眼窩脂肪(外側、あるいは内側、外側+内側)を取り除きます。

次に上眼瞼挙筋と皮下を直接縫い合わせ、最後に皮膚を縫い合わせます。

術後の経過について

術後の腫れも埋没法と変わりなく、1週間後に抜糸になります。

傷跡は目立ちませんが、二重まぶた全切開は元に戻すことが出来ないため注意が必要です。

デザインする二重の形や幅は慎重に決めましょう。

二重埋没法について

切開を行わず二重を形成する方法もあります。

「埋没法」といい、極細の医療用糸をまぶたの裏に通し、皮膚とまぶたの奥にある筋肉とを結びつけ、二重のラインをつくる手術です。

多くのクリニックでプチ整形として紹介されているのがこの埋没法です。

メスを使わず、元に戻すことも比較的容易な点が特徴的な手術です。

まぶたの皮膚の厚みやたるみが比較的少ない方の場合は「埋没法」での二重形成をお勧めしています。

埋没法の詳細はこちらをご覧ください⇒

全切開法で二重まぶたを形成するメリットについて

半永久的にぱっちり二重が持続する

糸を使いまぶたの皮膚と筋肉を結びつける埋没法では、糸が取れてしまい一重に戻ってしまったり、経年とともに糸が緩み、二重の形状が変わってしまう可能性があります。

全切開法では一重の原因である、まぶたの余分な脂肪や皮膚を切除するため、くっきりはっきりとした二重形成が可能かつ半永久的な二重のラインを手に入れることができます

自分の理想の二重をデザインすることができる

埋没法では作ることが難しい二重の幅や形状も、全切開法では可能になるもの場合が多く、希望できるデザインに幅が出ます。

幅の広い二重や、平行二重も全切開法なら可能になります。

眼瞼下垂の処置も一緒に行える

全切開法ではまぶたの開きが悪く、目が開けづらくなる「眼瞼下垂」の処置も同時に処置することが可能です。

眠たそうな印象を与えてしまう目元も改善し、よりはっきりした二重を形成することが可能です。

全切開法のダウンタイムについて

まぶたの腫れ、内出血

全切開では「皮膚の切開」、「脂肪の切除」など行う処置が多いため、強い腫れと内出血の症状が1週間ほど続きます(個人差あり)。

痛み

手術中は局所麻酔を施すため痛みを感じませんが、術後麻酔が切れると重い痛みを感じます。

1週間ほどで痛みは落ち着いてきます。

傷跡

術後1か月程度は切開した部位に赤みが生じます。

2,3か月ほど経過すると赤みが引いてきて、その後目立たないくらい小さな傷になります。

術後の私生活について

入浴
⇒シャワーは当日より可能ですが、洗髪や入浴は術後2日間お控えください。

洗顔、メイク
⇒術後1週間はお控えいただいています。

飲酒、運動
⇒当日より可能ですが痛みや内出血の悪化の原因になります。できるだけお控えください。

全切開と部分切開はどちらがオススメ?

部分切開の概要をお伝えしつつ、全切開との違いについてご説明いたします。

そもそも部分切開と全切開の違いとは?

・部分切開の手術

部分切開の手術も全切開法の手術と流れは同じですが、全切開ではまぶたに沿って長い範囲を切開するのに対し、部分切開では1箇所、わずかな範囲のみを切開します。

・部分切開法のメリット
メリット

✔術後の腫れや内出血が小さい

✔手術にかかる時間や費用が少ない

全切開法に比べ切開する範囲が短いため、術後の腫れや内出血が全切開より小さく、手術にかかる時間や費用も、全切開法より少なくなります

そして比較的早くに通常の生活を行うことができるようになります。

部分切開は今までに何度埋没法にて二重まぶたを作っても、その度に癖が取れてしまった方に大変適しています。

・部分切開のデメリット
デメリット

✔はっきりしたラインが作れない

切開する範囲が短いため、調整できる範囲が限られてきます。

全切開法に比べ切除できる脂肪の量も少なく、取れる皮膚のたるみも少ないため、はっきりしたラインを作ることはできません

部分切開に関する詳しい情報はこちら⇒

あなたに最適な二重まぶた術を診断

ダウンタイムを少なくしたい、はっきりした二重になりたいなど、あなたのニーズやまぶたの状態に合わせて手術の方法を選択する必要があります。

全切開がオススメの方

✔はっきりくっきりした二重になりたい方

✔平行二重など、たくさんのデザインから二重のラインを決めたい方

✔まぶたの皮膚や脂肪が厚い方

全切開では比較的自由に二重を作ることが可能です。

いろいろなデザインで形成ができるため、大きな変化を求める方にもおすすめできる方法です。

部分切開がオススメの方

✔今までに何度埋没法にて二重まぶたを作っても、その度に癖が取れてしまった方

✔ダウンタイムを短くしたい方

✔手術にかかる時間や費用、経過観察などで通院する回数を少なくしたい方

部分切開は全切開ほどの変化は期待できませんが、埋没法のように一重に戻る心配がなく、腫れや内出血も比較的少ないため、お仕事や学校などダウンタイムが取れない方におすすめです。

お問い合わせ・無料カウンセリング

土曜、祝日も診療(日・月休診日)
電話受付は年中無休です。
受付時間:10:00~19:00

0120-63-0031

0120-63-0031

International Call +81-45-411-0031

料金表

施術の流れ

  • STEP 1

    無料カウンセリング、診察

    ご希望の二重をお伺いし、診察をしながら施術方法、術後の経過などを、納得されるまで丁寧にご説明いたします。この時に不明な点、ご心配な点は遠慮なくご質問していただきます。
    また、実際に鏡を見ながら、特殊な器具を用いて二重まぶたを仮に作り、シミュレーションしますので、仕上がりの 状態をご自分の目で確認できます。

  • STEP 2

    手術日の決定

    無料カウンセリングで納得されれば当日同時に手術も可能ですし、後日よく考えてから手術の日を決めても大丈夫です。

  • STEP 3

    お会計・シュミレーション

    手術当日、会計を済ませてから、日常生活の注意事項、お薬の服用の仕方、術後のケア等の詳しい説明があります。手術前に二重のラインを決定するためシミュレーションします。

  • STEP 4

    手術

    いよいよ手術です。麻酔の注射の痛みを減らすために、まず点眼による麻酔を行います。手術は局所麻酔で行いますが、麻酔に使用する針は30Gという特殊な極細の針です。点眼による麻酔の後なので、麻酔の注射の痛みは最小限度に抑えられています。
    手術は目を閉じたままで行いますので、針先等が見えることはありません。
    両目で約10分程度で、あっという間に終了します。

  • STEP 5

    手術後

    手術当日は多少ジンジンした痛みがありますが、当院で処方する痛み止めを早めに服用されれば、痛みらしい痛みもほとんど感じないで過ごせます。

  • STEP 6

    手術翌日

    翌日より洗顔、お化粧、コンタクトレンズの着用が可能になります。もう痛みもほとんど感じないはずです。

  • STEP 7

    手術後数日

    術後の腫れは2~3日がピークです。この間の外出はお化粧でカバーしていただきます。
    3日目より引き始め、1週間で約70%引きます。完全に希望通りのラインになるのは約1ヵ月後です。

  • STEP 8

    術後のケアは無料で行います。

    術後心配なことがあれば、ご予約の上いつでもご来院可能です。必ず院長が責任を持って診察いたします。もちろん術後のケアは無料で行います。

症例写真

20代女性

【20代女性】 幅広の平行型二重を作るには全切開法が最も効果的

【20代女性】 幅広の平行型二重を作るには全切開法が最も効果的

院長のワンポイント解説

幅広の平行型二重を希望の方です。幅広平行型は埋没法ではクセが取れ易いので、全切開法にて二重まぶたを作りました。
傷跡は残りますが、二重のライン上なので目立ちません。

250,000円(税別)

30代女性

【30代女性】 幅広平行型二重まぶたを作るには、全切開法が最も効果的

【30代女性】 幅広平行型二重まぶたを作るには、全切開法が最も効果的

院長のワンポイント解説

幅広平行型二重を希望の方です。目頭の蒙古ヒダのクセが強いので目頭切開も同時に行いました。
傷跡は残りますが、二重のライン上なので目立ちません。

250,000円(税別)