レスチレン・リド(ヒアルロン酸)~シワ治療~/横浜美容クリニック

jacs日本美容外科医師会認定

YBC 横浜美容クリニック

オンライン予約 無料メール相談

0120-63-0031

受付時間 10:00~19:00 / 土曜・祝日も診療(日・月休診日)

秋のおすすめ施術 医療レーザー脱毛 美容皮膚科 今すぐCHECK‼
診療カレンダー
2020年 10月
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

休診日

土曜・祝日も診療(日・月休診日)/ 電話受付は年中無休です。

レスチレン・リド(ヒアルロン酸)~シワ治療~

シワを解消してハリのある肌に。注射直後から効果を実感できます。

  • 施術時間

    約20分

  • 日帰り

  • 当日手術

このような方におすすめです

  • シワが気になるが、手術ではなくもっと手軽な方法で改善したい方
  • 周りに気付かれずに若返りたい方
  • ホウレイ線やマリオネットラインを目立たなくしたい方
  • 忙しくてお仕事の休みが取れない方
  • 職場がすぐ近くなので、お昼休みを利用して施術を受けたい方
  • ちょっとだけ鼻を高くしたいが、手術は怖い方
  • 唇をふっくらとセクシーに見せたい方
  • くぼみ目が気になる方
  • 水疱瘡の跡の凹みが気になる方

ヒアルロン酸注入とは?特徴、効果について

ヒアルロン酸とはそもそも体内にある構成成分の一つ

ヒアルロン酸とは、皮膚、皮下組織等の重要な「構成成分」です

皮膚や目、関節などの細胞の中に存在する「ムコ多糖類」といわれる保湿、弾力成分で、1gのヒアルロン酸で6リットルもの水分を保持する物質です。

ヒアルロン酸は年齢と共に減少するため、肌の張りが失われ、シワが目立ってきます。

ヒアルロン酸はアレルギー反応が起こりにくく、事前のテストも必要ありません。

口元や目元のシワや凹み、鼻などに直接注入して、皮膚を下から持ち上げます。

もともと体内にある成分なので安心で、しかも効果が出るのが早く、メスを使用しない若返り法として定評がある治療法です。

ヒアルロン酸注入療法とは

肌のうるおいを保つ働きを強化する

ヒアルロン酸は、もともと人の体内に存在する自然の成分(多糖類)で、水と結合し、肌のうるおいを保つ働きがあります。

ヒアルロン酸注入療法では、安定化させたヒアルロン酸のゲル(ヒアルロン酸ダーマルフィラー)を、皮膚または皮膚の下の組織に直接注入することにより、皮膚を持ち上げ、シワやたるみを矯正します。

シワの部分に注入して、シワを目立たなくするのが目的です。

主に額、眉間、目尻、ほうれい線、口周りのシワに使用します。

また、涙袋(目袋)形成、鼻、アゴ、唇にも使用可能です。

※当院は国内、厚生労働省より認可されたヒアルロン酸のみを扱います

ヒアルロン酸注入の効果について

多くの製品では、非動物性のヒアルロン酸を使用しています。

効果は治療後すぐに現れます。

治療効果はヒアルロン酸の製品の種類や個人差、注入技術によって異なりますが、通常は数ヵ月~24ヵ月間持続します。

当院で使用するヒアルロン酸について

レスチレン・リドの効果、特徴

レスチレンはスェーデン製のヒアルロン酸です。

レスチレンは数多くあるヒアルロン酸メーカーの中でも歴史が古く、全世界で多くの方に愛用され、信頼されているヒアルロン酸です。

2015年にガルデルマ社のレスチレンが中等度、重度の顔面のシワ(ホウレイ線等)の矯正、及び整容を目的としての使用で厚生労働省より承認されました。

レスチレンリドはリドカインという麻酔液が入っているヒアルロン酸です。

従来のヒアルロン酸の注入よりも痛みは軽減されています。

主に顔面のシワの改善やや涙袋形成、隆鼻やアゴ、唇に使用します。

上の図はレスチレン・リドで改善できる主なシワを示したものです。

ヒアルロン酸によるしわ治療で最も多い部分が、シワではありませんがホウレイ線です。

ホウレイ線は鼻唇溝とも呼ばれ、ホウレイ線の深さは頬のタルミの指標にもなっているようです。

ヒアルロン酸とコラーゲンの違いについて

コラーゲンとは

コラーゲンにはそもそも保水力がありません。

細胞の周りに網目状に存在していて、このコラーゲンがヒアルロン酸をキャッチし、細胞との間を水分で満たしているようなイメージです。

つまりコラーゲンは肌のうるおいを逃がさないための物質です。

コラーゲンのデメリット

コラーゲンの注入は拒絶反応を起こすリスクがあり必ず皮内テストという検査をする必要がありました。

こういった安全性の面でコラーゲンの注入は推奨されていません。

現在ではほとんどの病院がヒアルロン酸の注入をお勧めしています。

ヒアルロン酸の副作用と注意点

前述したとおりヒアルロン酸とはもともと体内にある物質なので副作用やアレルギー反応は起こりません。

しかしヒアルロン酸を注入する際、内出血やむくみが生じる場合があります。

起こりうる術後の副作用について

内出血

目の周りなど皮膚の薄い部位や毛細血管が多い箇所だと内出血してしまうことがあります。

これは注射針が周りの血管を傷つけてしまうために生じる副作用です。

ここは医師の技量に依存するため手術を受ける病院をしっかり選びましょう

当院では院長を務める白井自ら施術を担当するため、病院選びでお困りの場合はぜひ当院へお越しください。

内出血自体は1週間程度で治ります。

腫れ、むくみ

術後患部を触ったりしていると腫れやむくみが生じてしまう場合があります。

術後は患部を触らず洗顔時もゆっくり丁寧に洗ってください。

痛み

個人差が大きいですが術後軽い痛みを感じる患者様がたまにいらっしゃいます。

こちらも数日で治まりますが、治まらない場合はご相談ください。

ヒアルロン酸注入で失敗するケース

前述しましたがヒアルロン酸注入は副作用やアレルギー反応がほとんどなく、あっても軽い副作用でとどまる手術です。

ヒアルロン酸注入で失敗する原因は手術の安全性ではなく、他に原因があります。

医師の技量不足

ヒアルロン酸注入は注入する箇所が非常に重要です。

正しい箇所に注入すれば皮膚を持ち上げ、シワやたるみを矯正してくれますが、技量不足の医師が行うと、きれいに矯正できないこともあります。

注入するヒアルロン酸製剤が粗悪品

ヒアルロン酸製剤は粗悪品の場合、体内に吸収されない物質が混入している場合があります。

価格を安くするために、品質保証がされていない製剤を使用していることがあり、この場合拒絶反応を起こす可能性があります。

当院では「レスチレン」というヒアルロン酸製剤を使用しており、これは2015年にガルデルマ社のレスチレンが中等度、重度の顔面のシワ(ほうれい線等)の矯正、及び整容を目的としての使用で厚生労働省より承認されています。

数多くあるヒアルロン酸メーカーの中でも歴史が古く、全世界で多くの方に愛用され、信頼されているヒアルロン酸です。

この様に使用しているヒアルロン酸製剤を公表している病院を選びましょう。

お問い合わせ・無料カウンセリング

土曜、祝日も診療(日・月休診日)

電話受付は年中無休です。
受付時間:10:00~19:00

0120-63-0031

0120-63-0031

International Call +81-45-411-0031

レスチレン・リドによるホウレイ線治療

ほうれい線は主に以下の4タイプに該当する可能性があります。

①ほうれい線のタイプSkin(皮膚たるみ)型

加齢により皮膚の弾力性が低下したり、頬の皮下脂肪が減って皮膚がたるむことがほうれい線の原因となっているタイプです。

ある程度の年齢になるとほとんどの人がこのタイプあるいは混合タイプに該当します。

また、ダイエットによって急激に頬の脂肪が少なくなった結果、ほうれい線が目立つようになった人もこのタイプです。

【チェック項目】
■無表情の時に、ほうれい線はあまり目立たないが、筋(すじ)のようなほうれい線ができている。

■頬のボリュームが減り、皮膚がたるんできた。

■仰向けになると、ほうれい線がかなり目立たなくなる。

②Bone(骨くぼみ)型

小鼻のまわりの鼻の土台となる骨の出っ張りが少ないことがほうれい線の原因となっているタイプ。

アジア人に多いタイプと言われています。

多くの場合、加齢に伴った骨吸収の促進による骨の萎縮などが加わり、ほうれい線が目立つようになります。

【チェック項目】
■無表情の時のほうれい線の状態は線というよりくぼみである。

■ほうれい線の上のほうが特にくぼんでいる。

■仰向けになっても、ほうれい線の状態はあまり変わらないか、少しだけ浅くなる。

③Muscle(筋肉)型

ほうれい線の周辺の皮膚に付着している筋肉の力が強く長い筋(すじ)のようなほうれい線ができているのがこのタイプ。

笑うと歯茎が見える(ガミースマイル)の場合があります。

筋肉の動きを繰り返すことで、皮膚に浅い線が刻まれていることもあります。

【チェック項目】
■無表情の時から、筋(すじ)のようなほうれい線が目立っている。

■嗤ったときのほうれい線が深い溝になる。

■仰向けになっても、ほうれい線の状態はあまり(ほとんど)変わらない。

④SBM(混合)型

35歳以上で最も多いタイプです。

複数の要因が重なってほうれい線を目立たせています。

ホウレイ線にヒアルロン酸を注入して、溝の深さを目立たなくしました。

効果の持続は永久ではなく、約半年~1年です。

ホウレイ線にヒアルロン酸を注入して、溝の深さを目立たなくしました。

効果の持続は永久ではなく、約半年~1年です。

その他の部位

ホウレイ線にヒアルロン酸を注入して、溝の深さを目立たなくしました。

効果の持続は永久ではなく、約半年~1年です。

眉間

ホウレイ線にヒアルロン酸を注入して、溝の深さを目立たなくしました。

効果の持続は永久ではなく、約半年~1年です。

ヒアルロン酸のシワ以外の応用

隆鼻

手術をしないで、ヒアルロン酸の注入だけで簡単に鼻筋を通すことが可能です。

主に鼻根部を中心に注入します。

効果の持続期間は半年~1年です。

アゴを前に出す

後退したアゴをヒアルロン酸注射で前に出します。

注射だけで口元の出っ張った感じが目立たなくなります。

アゴにヒアルロン酸を注入して、前に出しました。

かなり控えめに注入しました。

もっと出すことも可能です。

効果の持続は永久ではなく、約半年~1年です。

口唇

唇にヒアルロン酸を注入してふっくらしたセクシーな唇に、あるいは、「アヒル口」にすることも可能です。

効果の持続期間は永久ではなく、約半年~1年です。

涙袋(目袋)形成

目の下にヒアルロン酸を注入して涙袋を人工的に作ります。

涙袋を作って魅力的な目元に効果の持続期間は永久ではなく、約半年~1年です。

お問い合わせ・無料カウンセリング

土曜、祝日も診療(日・月休診日)

電話受付は年中無休です。
受付時間:10:00~19:00

0120-63-0031

0120-63-0031

International Call +81-45-411-0031

料金表