切らないリフトアップ(アンカーリフト/バーブアンカー)

切らずに注射感覚で気軽に行える
注目のプチ整形

  • 施術時間

    約30分

  • 日帰り

  • 当日手術

このような方におすすめです

  • メスを使う手術には抵抗がある方
  • ある程度しっかり弛みを引き上げたい
  • 頬の弛みが気になる
  • 体内に異物を残したくない
  • ダウンタイムが取れない方
  • 周りに気付かれずに若返りたい

アンカーリフト(バーブアンカー)とは

切らずに注射感覚で気軽に行える今注目の若返りプチ整形です

糸で弛んだ部分を引き上げる方法:アンカーリフト

小さなギザギザが付いた糸を皮下に挿入して、弛んだ皮膚を引き上げます。従来のアンカー糸よりも引き上げ力を高めた進化形の吸収糸です。約1年で自然に吸収されますが、それに伴いコラーゲン線維が生成されるため、リフトアップ効果と張りが持続します。
アンカーリフト(バーブアンカー)はメスを使用せず、特殊な針と2方向にコグが付いた糸を皮下に通し、タルミを引き上げる切らないリフトアップの代表的な方法です。使用する糸はPDO(ポリジオキサノン)という衣料素材で出来ています。
PDOは一般的な手術に用いられる非常に安全性の高い材質です。180日~240日間体内に残り、その後徐々に吸収されて無くなります。体内に異物として残らないので、安心して行うことが出来ます。

約30分という短時間で終了・通院も必要なく翌日よりお化粧も可能です

適応部位

*頬の弛み(ホウレイ線)
*フェイスラインの弛み(マリオネットライン)
*首の弛み

アンカーリフト(バーブアンカー)の特徴

アンカーリフトに使用する糸は、タルミ部分の皮下に引っかかりやすいようにコグが2方向に付いています。
一方のコグの部分で側頭部の皮下に固定して、一方のコグでタルミを引き上げる部分(頬)の皮下に引っ掛けて引き上げます。

スレッドの強さ – LFL Anchor 及び 4D

とげの間隔 – LFLAnchor と他社製品

上図はバーブアンカーの糸の特徴です。他社製の糸に比べて強度が強く、コグの量も多いので、引き上げ効果も持続性も非常に高いのが特徴です。
また、KFDAによる医療機器クラスⅣの認可を取得した安全性の高いリフティング素材(PDO)を使用します。PDOは強力な引張強度があり、優れた柔軟性を持つのが特徴です。安全性の高い吸収糸を使用することにより、自然治癒力が働きコラーゲンやヒアルロン酸を生成します。肌の張りや弾力のアップ、シワの改善効果が期待できます。

皮膚を引き上げる施術は肌の張りの回復には即効性がある。

ANCHORはANCHOR挿入部分の周りの細胞を刺激する特別な施術で、しわを軽減し、肌の張りを取り戻す。更に、強い固定力により効果をより長く持続可能。


料金表

よくあるご質問

若返り(切らない若返り)アンチエイジングに関するご質問

  • 効果はどのくらい持続しますか?
  • 糸は自然に溶ける糸なので、10か月~1年で吸収されますは、コラーゲンの増生はその後もしばらく続きます。したがって効果の持続は約1~2年です。
  • ダウンタイムはどのくらいですか?
  • 施術後多少の腫れ、赤み、引き連れ感がありますが、お化粧でカバーできるくらい軽いものです。2~3日で落ち着きます。
  • 糸は何本くらい必要ですか?
  • 弛みを引き上げたい部位により異なりますが、ホウレイ線からフェイスラインの場合、片側2~4本が理想的です。
  • 糸はレントゲンに写りますか?
  • レントゲンに写ることはありませんので、ご安心ください。
  • 痛みが心配です。事前に麻酔などはするのでしょうか?
  • 最初に強力な麻酔クリームを塗布します。十分に麻酔が効いてきた頃(約30分後)に針を刺入する部分に局所麻酔の注射をします。施術自体は全くの無痛ですのでご安心ください。
  • 顔のマッサージ等はいつごろから可能ですか?
  • エステなどでのマッサージは術後1か月目より可能です。
  • レーザー治療やフォトフェイシャルはいつごろから可能ですか?
  • 施術後、3週間目より可能です。