目の下のタルミ取り/横浜美容クリニック

jacs日本美容外科医師会認定

YBC 横浜美容クリニック

オンライン予約 無料メール相談

0120-63-0031

受付時間 10:00~19:00 / 土曜・祝日も診療(日・月休診日)

秋のおすすめ施術 医療レーザー脱毛 美容皮膚科 今すぐCHECK‼
診療カレンダー
2020年 9月
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3

休診日

土曜・祝日も診療(日・月休診日)/ 電話受付は年中無休です。

このような方におすすめです

  • 目の下のシワが増えて気になる方
  • 目の下のたるみにより実際の年齢より老けてみえる方
  • 目の下のたるみ、膨らみによりくまのようにみえ、疲れた印象にみられる方
  • ヒアルロン酸やボトックス注入でも目元の加齢現象が改善しない方
  • 若々しいスッキリした目元にしたい方
  • 1箇所だけの手術で若返りたい方
  • 目の下の逆さまつげで悩んでいる方
  • 営業の仕事で顔の印象で損をしている方(特に男性)

気になる目の下のたるみ取り

年齢を重ねるごとに「目元のたるみ」が気になりだし、マッサージやエクササイズなどセルフケアを始めた方は多くいらっしゃるのではないでしょうか?

マッサージやエクササイズなどで一時的に解消することはできますが、目元のたるみを完全に解決することはできません。

しかし、一度「目の下のたるみ除去」をクリニックで施術すれば、わずか30分の治療で半永久的に確かな効果を実感いただけます。

セルフケアでは実現できない「すっきりとした目元」を手に入れたい方は一度目の下のたるみ除去を検討してみてはいかがでしょうか。

今回は当院院長の白井が、目の下のたるみに関し徹底解説します。

目の下のたるみ取り 説明図

まずは目の下のたるみができる原因からご紹介

目の下の皮膚は顔の他の部分の皮膚と比べてとても薄い為、早くからたるみやシワができやすい部分です。

従って最初に加齢を実感させられる部位が目の下です。

また、逆に目の下のたるみが無くなるだけで、顔全体が若返った印象になりやすい部分でもあります。

まずは目の下のたるみの原因を理解し、ご自身の症状を把握しましょう。

目の下のたるみは筋力の低下と肌の老化が原因

目の下がたるんでしまう原因は、主に以下の2つです。

1.目元の筋力の低下

2.肌の組織の老化

・目元の筋力の低下

目の周りには眼輪筋と呼ばれる筋肉があり、これが「目の周りの脂肪を押し止め眼球の周りにクッションを作る」役割を担っています。

この筋肉が年齢とともに衰退していくことで、脂肪を押し止め切れず目の下にたるみが発生してしまうのです。

衰えた目の周りの筋肉はエクササイズで鍛えることができます。

・肌の組織の老化

本来お肌はコラーゲンやエラスチンなどの組織に支えられ「ハリ」を保っています。

これらの組織は加齢によって衰えたり、乾燥や紫外線が原因で破壊されていってしまいます。

多くの肌トラブルは上記が原因である場合が多く、ハリが失われることでたるみも発生しやすくなります。

目の下のたるみの原因を把握したところで、次は「自分の症状を把握、どういった選択をする必要があるのか」を一緒に考えていきましょう。

あなたの症状に合わせ適切な施術メニューご紹介

前述したとおり「目の下のたるみ」が発生する要因はいくつかあり、それぞれに最適な施術メニューがあります。

今回は当院で実際にご提案しているプランを症状別にご紹介いたします。

たるみよりも目の下のシワが気になる方向け

こんな方におすすめ

✔目の下のたるみがまだ小さい方

✔たるみよりもシワが気になる方

✔ヒアルロン酸やボトックス注射で効果が出ない方

目の下のたるみ除去により、目の下のシワを解消することができます。

また、ヒアルロン酸やボトックス注射などと違い、確かな効果を実感いただけます。

・メニュー内容

下まつげの生え際の部分で、たるんできた余分な皮膚を切除します。

皮膚の縫合は、特殊な極細の糸で細かく行います。

加齢がさらに進むと皮膚だけでなく眼輪筋にもたるみが生じるので、たるみが生じているお客様の場合は眼輪筋の一部も併せて切除し、上方に引き上げ固定します。

また、下まぶたの逆さまつ毛にお悩みのお客様でも、この手術は非常に効果的です。

・メリット
メリット

✔傷跡が目立たない

✔30分で効果を即実感できる

半永久的な効果

目立ちにくい下まつ毛の生え際を切除するうえ、目の下の皮膚は、顔中の傷の中で最もきれいに治る部分であることから、手術後傷跡の形跡さえわからなくなります。

また当院の施術時間は30分で、施術終了後はすぐにご帰宅いただけます。

また効果の持続性も高く、毎日エクササイズやマッサージなどのセルフケアも必要ありません。

目の下のふくらみ(脂肪)が大きい方

・メニュー内容

たるみを除去しても脂肪がたまって目の下に膨らみがあると老けて見えてしまうため、脂肪が多い患者様には合わせて脂肪の除去(脱脂)もご提案しています。

目の下に溜まってしまった脂肪を除去することで、さらにすっきりとした目元にすることができます。

目の下のたるみ取りの手術を受けられる方の半数以上が同時に脂肪も除去されています。

目の下のたるみ取り+脱脂 説明図

目の下の皮膚やその下の眼輪筋の緊張が低下すると、本来は奥の方にあった眼窩脂肪が表面にせり出てきます。

目の下の膨らみが多いと、その下が影になりクマっぽく見えたり、疲れた印象にみえます。

眼窩脂肪による膨らみは若年者にもみられますが、この場合はたるみが無いので皮膚を「切らない目の下の脂肪除去」の手術がお勧めです。

目の下には3個の脂肪(眼窩脂肪)の袋があります。

特に多く溜まりやすいのが、内側と中央の脂肪の袋です。

どの部分の脂肪を取るか、どれだけの量の脂肪を取るかは豊富な経験と確かな技術が必要になります。

お問い合わせ・無料カウンセリング

土曜、祝日も診療(日・月休診日)
電話受付は年中無休です。
受付時間:10:00~19:00

0120-63-0031

0120-63-0031

International Call +81-45-411-0031

料金表

施術の流れ

  • STEP 1

    無料カウンセリング、診察

    手術ご希望の場合は採血(血小板、血液凝固系等を調べます)

  • STEP 2

    手術日のご予約

    手術は採血結果が出てからになります。

  • STEP 3

    手術前

    術前に診察室にて院長から手術に関して再度詳しいお話があります。
    その後、目の下の皮膚を取り除く量を院長が念入りに計測します。
    看護師により、お薬の服用に関して、術後の日常生活についての詳しい注意事項をご説明します。

  • STEP 4

    手術

    いよいよ手術です。局所麻酔の注射をしてから手術開始です。
    約30分で手術は終了します。

症例写真

40代女性

【40代女性】目元の疲れた暗い印象を、目の下のタルミ取りの手術で改善

【40代女性】目元の疲れた暗い印象を、目の下のタルミ取りの手術で改善

院長のワンポイント解説

目の周りの若返りを希望された方です。まぶた上下のタルミを取り除きました。スッキリした目元に変化しました。
傷跡は日にちの経過とともに目立たなくなります。

300,000円(税別)

40代男性

【40代男性】男性の場合は目の下に膨らみがあると、人相が悪く見えることが多いです。

【40代男性】男性の場合は目の下に膨らみがあると、人相が悪く見えることが多いです。

院長のワンポイント解説

目の下の膨らみのせいで人相が悪く見えるため、改善希望の方です。
特に男性はひとによって目の下の膨らみがあると人相が悪く見えてしまいます。タルミと同時に眼窩脂肪も取り除きました。
人によって内出血することがありますが、3~5日で目立たなくなります。

350,000円(税別)

よくあるご質問

目の周りに関するご質問

  • 目の下の膨らみが気になるので、他の美容外科を受診したらヒアルロン酸注入を勧められ、注入してもらったのですが、今までよりも膨らみが目立つようになり全く改善は見られません。 何とかならないでしょうか?
  • 経結膜脱脂術を行っていない病院で、よく勧めるのがヒアルロン酸注入です。おそらく脂肪によって膨らんだ部分の下に注入して、境界の影の部分を目立たなくさせるのが目的でしょうが、膨らみの下にさらに膨らみが出来てしまう結果となっています。幸いヒアルロン酸は日にちの経過とともに自然に吸収されて目立たなくなります。実際に上記と同じ悩みの大勢の患者さんが当院にいらっしゃいました。ヒアルロン酸の膨らみが目立たなくなってから、後日「経結膜脱脂術」を行い皆さんが満足されてお帰りになります。
  • 目の下のタルミが気になりますが、切る手術には抵抗があります。何とか切らないでタルミを目立たなくさせることは可能でしょうか?
  • 60代ともなると脂肪だけではなく、タルミもかなりあるはずです。本来はたるみ取りの手術が理想ですが、「切らない目の下の脂肪除去」でも膨らみが減るので現状よりは目立たなくなります。