フェイスリフト(切開リフト)/横浜美容クリニック

jacs日本美容外科医師会認定

YBC 横浜美容クリニック

オンライン予約 無料メール相談

0120-63-0031

受付時間 10:00~19:00 / 土曜・祝日も診療(日・月休診日)

春のおすすめ施術 二重まぶた 隆鼻術 今すぐCHECK‼
診療カレンダー
2020年 4月
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2

休診日

土曜・祝日も診療(日・月休診日)/ 電話受付は年中無休です。

加齢による老け顔、そもそもその原因とは?

皮膚の弾性を保つコラーゲンやエラスチンの減少、筋力の低下が原因

年を重ねるごとに、ほうれい線や瞼の周りのシワ、たるみなどが顕著になっていき顔の印象が変わってきてしまうことを加齢変化といいます。

これらは皮膚や軟部組織、歯を含めた骨格などが老化により弱っていき、もともとあった肌のハリがなくなってしまうことが原因として考えられます。

元々持っている顔の形や肌の性質などに影響されると考えられています。

顔の肌のハリを取り戻すために効果的な施術が「フェイスリフト(切開リフト)」です。

フェイスリフト(切開リフト)とは?-頬や首のたるみ、シワ改善で10歳若返り!?-

フェイスリフト(切開リフト)と他の若返り施術との違い

まず初めに、フェイスリフト(切開リフト)に代わる若返り施術はありません。

近年ではヒアルロン酸、ボトックス注入、レーザー、あるいは光治療器、糸などによる切らない若返り治療も増えてきました。

しかし、フェイスリフト(切開リフト)ほどの引き上げ効果があるものではありません。

フェイスリフト(切開リフト)のメリット・デメリット紹介

メリット

✔切らない若返り治療やエステなどに比べ、しわ・たるみ改善の効果が高い

✔10年後、20年後に再度行うことも可能

✔持続期間が長いため、結果コストも抑えられる

✔腫れやむくみが少なく、周りにバレづらい

効果が高く、一度の施術で当分メンテンナンスが必要ないことが最大のメリットです。

確かに高額な施術ではありますが、切らない若返り治療やエステなどでも継続的にコストがかかるため、長い目で見たら費用感は変わりません。

デメリット

✔目立ちにくいがうっすら傷が残る

✔術後の腫れ等、1週間のダウンタイムが発生する

✔単発で見ると施術費用が高い

上記した効果やリスクは医師の技術次第でかなりの差が生まれます


下記にて当院の施術特徴や症例写真までご紹介していますので、詳しくはこちらをご覧ください。


施術特徴や症例写真の詳細はこちら⇒

切らない若返り治療

メリット

✔傷跡が残りづらい

✔比較的安価に治療を受けることができる

✔ダウンタイムが短く、気軽に受けることができる

切らないため跡が残りづらく、ダウンタイムが短いことが最大のメリットです。

傷跡やダウンタイムが気になる方におすすめの施術です。

デメリット

✔個人差はあるが、効果が限られており、持続性も低い

✔長期的にみたら費用が膨らむこともある

切らない若返り治療も効果はありますが、根本的な治療ではないため、 効果が限られており、効果が持続しないといったデメリットがあります。

とはいえ、患者様の状態を見て切らない若返り治療をおすすめすることもあります。

当院では経験豊富な院長自ら診察、ご要望をお伺いし、一人ひとりに最適な施術プランをご紹介いたします。

自分では決めきれない方はぜひ一度ご相談ください。


お問い合わせ・無料カウンセリング

土曜、祝日も診療(日・月休診日)
電話受付は年中無休です。
受付時間:10:00~19:00

0120-63-0031

0120-63-0031

International Call +81-45-411-0031



切らない若返り治療について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。


若返り(切らない若返り)アンチエイジングの施術一覧はこちら⇒

お悩み別に最適なフェイスリフト(切開リフト)の種類をご紹介

フェイスリフト(切開リフト)の術後の経過と日常生活

施術内容と特徴紹介


お問い合わせ・無料カウンセリング

土曜、祝日も診療(日・月休診日)
電話受付は年中無休です。
受付時間:10:00~19:00

0120-63-0031

0120-63-0031

International Call +81-45-411-0031

料金表

症例写真

60代女性

【60代女性】頬の弛みによるだぶつきが多い場合は、同時に頬の脂肪吸引を行うと効果的

【60代女性】頬の弛みによるだぶつきが多い場合は、同時に頬の脂肪吸引を行うと効果的

院長のワンポイント解説

頬の下半分の脂肪が多かったため、フェイスリフト(切開リフト)+頬とアゴの脂肪吸引で手術を行いました。脂肪吸引で頬のお肉が薄くなったため、引き上げ易くなり、リフトアップ効果がより高くなります。口角付近まで脂肪吸引を行うので、術後は多少腫れやすくなります。
また、この方はマブタの上下のタルミ取りも併せて行っていますので、お顔全体の印象は本人が想像した以上の若返り効果だと思います。

900,000円(税別)

30代女性

【30代女性】年齢が若くても弛みが多い方には、ミニリフト(ミニ切開リフト)よりもフェイスリフト(切開リフト)が効果的

【30代女性】年齢が若くても弛みが多い方には、ミニリフト(ミニ切開リフト)よりもフェイスリフト(切開リフト)が効果的

院長のワンポイント解説

通常30代ですとミニリフト(ミニ切開リフト)の適応ですが、この方はタルミが生じやすい非常に柔らかく薄い皮膚なので、早くからマリオネットラインが生じています。したがってフェイスリフト(切開リフト)で引き上げています。
ただし、皮膚の性質によるタルミが主で、筋肉の弛みは少ないので、SMASは1方向で軽く引き上げています。
この方は目の下のくまも目立っていたので、切らない目の下の脱脂術を併せて行っています。

750,000円(税別)

よくあるご質問

若返り(切る若返り)(切開リフト)アンチエイジングに関するご質問

  • フェイスリフト(切開リフト)の手術を受けた場合、人前に出れるようになる期間はどれくらいかかりますか?手術中の痛みはありますか?
  • 当院のフェイスリフト(切開リフト)の手術は何と言っても術後の腫れが少ないのが特徴です。従って従来の手術のように、術後何日も家の中に閉じこもっている必要はありません。翌日より堂々とお出かけ下さい。手術は局所麻酔で行いますが、気分がリラックスできるお薬も使用しますので、手術中はほとんどの方が眠られてしまいます。痛みは全くありません。
  • 頬のたるみが気になるのですが、糸を入れる手術にしようか、フェイスリフト(切開リフト)の手術にしようか迷っています。どちらが良いでしょう?
  • 単に糸を入れる方法(切らないフェイスリフト)といっても、実に様々な方法があります。 アプトス、ワプトス、ハッピーリフト、ロシアンリフト、フレンチリフト、ケーブルリフト、カンタースレッド、シルエットリフト、ゴールデンリフト、スプリングアプトス、私が知っているだけでも10種類もの名前があります。でも名前と実際の手技が一致するものはこの中の半分だけです。患者様にしてみれば、どの様な方法で、どんな違いがあるのか、なおさらチンプンカンプンだと思います。

    当院でもハッピーリフトとゴールデンリフトを行っていますが、あくまでも「糸を入れることによって肌に張りを持たせる方法」として患者様には説明しております。糸による引き上げ効果を出そうとすると、点や線での引き上げになるので、その部分だけ凹みや引きつれが生じる場合があります。

    現に他院で糸を入れた患者様が、当院でのフェイスリフト(切開リフト)の手術の際、「ひきつれが目立つのでついでに糸を取ってください。」とお願いされるケースを何例も経験しました。
    また、皮下に糸が入っている為、後でレーザーによる治療が受けられない場合もあります。
    従って、たるみを引き上げることがご希望であればフェイスリフト(切開リフト)の手術がお勧めです。
  • フェイスリフト(切開リフト)についてインターネットで調べていると、SMASを同時に引き上げないとすぐに元に戻ってしまう、という書き込みをよく目にしますが、本当でしょうか?(42歳 女性)
  • 確かにSMASを同時に引き上げたほうが良い場合もありますが、適応になるのはタルミが多い高齢の方です。加齢が進むにつれ、皮膚だけではなく、皮下組織、筋肉にもタルミが生じます。この場合は全てを同時に引き上げなければなりませんが、40代前半の年齢では筋肉のタルミはほとんど無いので、SMASを引き上げてしまうと口角が引きつった感じになり、特異な顔貌になってしまいます。

    年齢やたるみ方を考慮した方法を選択しなければなりません。SMASを引き上げなくても、皮下を剥離してたるんだ皮膚を取り除けば、すぐに戻ることはありません。
  • まだ年齢的に本格的にはたるんでいないのですが、本格的にたるんでから急に若返るのは恥ずかしいので、今のうちにフェイスリフト(切開リフト)でたるみを防止したいのですが、可能でしょうか?(35歳 女性)
  • もちろん可能です。20歳代の方でも可能なくらいです。たるみは比較的少ないので、頬のミニリフトが適応になると思います。今のうちに少しでもたるみを引き上げておくと、今後のたるみの防止になることは確かです。
  • 男性でもフェイスリフト(切開リフト)は可能ですか?また、他にも男性でフェイスリフト(切開リフト)の手術を受けられた方はいますか?(66歳 男性)
  • もちろん男性もフェイスリフト(切開リフト)の手術を受けられる方は大勢いらっしゃいますし、可能です。
    以前に92歳の男性がフェイスリフト(切開リフト)と目の上下のたるみ取りの手術を受けられました。
    「年寄りに見られるのがいやだから」とおっしゃっていましたが、すてきだと思います。
    とてもおしゃれな男性でした。いつまでも若くありたい、という気持ちに性差はありません。
  • フェイスリフト(切開リフト)の手術を受けたいと思っているのですが、仕事が忙しくてなかなかお休みが取れません。何日くらいお休みが必要ですか?(55歳 女性)
  • 当院のフェイスリフト(切開リフト)の手術は、術後の腫れがほとんどありません。従って翌日にお仕事に行かれても大丈夫かと思いますが、抜糸までの1週間は洗顔、洗髪が出来ませんので、1週間ほどお休みがあった方が理想的です。
  • フェイスリフト(切開リフト)の術後のケアで気を付けなければならないことがありますか?
  • フェイスリフト(切開リフト)の効果は永久的ですが、決して加齢を止める効果ではありません。
    (切開リフト)フェイスリフト、ミニリフトなどの効果をより高め、効果を維持するためには、レーザー治療による定期的なタイトニングがお勧めです。
    タイタンですと1か月に1回、ジェネシスですと2週間に1回の割合で、定期的にケアをすることにより、フェイスリフトの効果がより高まり、維持することが可能になります。
  • フェイスリフト(切開リフト)とミニリフト(ミニ切開リフト)の違いは何ですか?
  • ミニリフト(ミニ切開リフト)は決してフェイスリフト(切開リフト)の安価版(廉価版)ではありません。
    弛みの程度の差による引き上げ方の違いです。弛みの程度が初期の段階ではミニリフト(ミニ切開リフト)の適応になります。
    対象年齢としては30代~40代です。弛みの程度が大きい場合はフェイスリフト(切開リフト)の適応になります。
    対象年齢は50代以降の方になります。
  • 傷跡が心配なので、髪の毛の中だけで行う「こめかみリフト」を希望します。こめかみリフトで頬の弛みは改善しますか?
  • こめかみリフトは主に目元から頬上部の弛みに対して効果があります。
    口角部やフェイスラインの弛みに対してはミニリフト(ミニ切開リフト)か、フェイスリフト(切開リフト)が適応になります。
  • フェイスリフト(切開リフト)の効果はどのくらいの期間持続しますか?
  • フェイスリフト(切開リフト)等のリフトアップの手術の効果は半永久的ですが、決して加齢を止める手術ではありません。
    時を止める手術ではなく、時間を巻き戻す手術なのです。例えば術後10年経てば10年間の弛みは生じます。
  • 以前に他院で糸を入れる手術を受けましたが、効果を実感できませんでした。フェイスリフト(切開リフト)の手術を受けたいと思うのですが、顔に何本か糸が入っている状態でも受けることが可能でしょうか?
  • もちろん可能です。ただし、皮膚を剥離する際入っている糸が邪魔になることがある場合はその糸を取り除くことがあります。
  • フェイスリフト(切開リフト)の手術は受けたいのですが、他の人に知られたくはありません。術後はいかにも、フェイスリフト(切開リフト)を受けました、という顔にならないか心配です。
  • 当院のフェイスリフト(切開リフト)の特徴は何と言っても自然な仕上がりです。口が横に引きつり、不自然なフェイスリフト顔(切開リフト顔)には決してなりません。当院の症例写真をご覧ください。ご安心いただけると思います。
  • フェイスリフト(切開リフト)の手術を受けた後、10年以上が経過して再度頬の弛みが気になったとき、もう一度フェイスリフト(切開リフト)の手術を受けることが出来ますか?
  • もちろん2度、3度の手術は可能です。フェイスリフト(切開リフト)の手術は加齢を止める手術ではないので、10年以上が経過すればその間の弛みは生じてきます。常に若い状態を維持したいのであれば、再度フェイスリフト(切開リフト)の手術を受けることは良いことだと思います。同じ傷跡を手術しますので、傷が増えることもありません。
  • 顔のタルミよりも特に首の弛みが気になり、首を出す洋服が着れません。首の弛みだけを改善する方法がありますか?
  • ネックリフトの手術をお勧めします。耳の後ろだけでの手術なので傷跡もわかりません。
  • 加齢とともに鼻から口元にかけてのホウレイ線が深くなり、頬の弛みも気になります。他院ではヒアルロン酸の注入を勧められたのですが、ヒアルロン酸注入で頬の弛みも目立たなくなりますか?
  • ホウレイ線そのものを目立たなくさせるにはヒアルロン酸注入は効果的ですが、ヒアルロン酸注入はシワの深さを浅くする効果であって、弛みは引き上がりません。頬の弛みに対してはミニリフト(ミニ切開リフト)かフェイスリフト(切開リフト)の手術が適応になります。
  • フェイスリフト(切開リフト)の手術を受けたいのですが、男性なので髪の毛で傷跡を隠すことが出来ません。傷跡は目立ちますか?
  • 傷跡は耳の付け根ぎりぎりの部分ですので、他人から見て全くわからなくなります。したがって髪の毛が短い男性でも安心して手術を受けることが出来ます。傷跡のアップの写真を当院HP(フェイスリフト(切開リフト)のページ)に掲載していますので、ご参照ください。
  • 数年前突然片側の顔面神経麻痺になり、病院で治療を受けて大分良くなったのですが、片側の顔の皮膚が弛んだままで、左右差がとても気になります。片側だけのフェイスリフト(切開リフト)も可能ですか?
  • もちろん可能です。今までにも何度か片側の顔面神経麻痺後の左右差に対して片側だけのフェイスリフト(切開リフト)を行いましたが、かなり目立たなくなっています。
  • フェイスリフト(切開リフト)の術後、パーマや毛染めはいつから可能ですか?
  • パーマ液や毛染めの液はかなり刺激が強いので、傷が髪の毛の中にある手術(ミニリフト(ミニ切開リフト)、フェイスリフト(切開リフト)、こめかみリフト、額リフト)は1か月後から可能になります。