鼻下短縮術(人中短縮術)(リップリフト)

鼻下人中部分の短縮と上口唇のリフトアップ効果

  • 施術時間

    約30分

  • 日帰り

  • 当日手術

鼻下短縮術(人中短縮術)(リップリフト)

元々鼻の下が長い方、あるいは加齢によるタルミで鼻の下が長くなってしまった方に適応になる手術です。鼻下の皮膚が上方へ引き寄せられるため、上唇がより立体的な厚みになり、魅力的な唇になります。

上図のように鼻の下の付け根に沿って切開して縫い寄せます。上唇が上方に引き上げられるので、上唇の厚さが増します。鼻下人中部分の短縮と上口唇のリフトアップ効果です。
リスク:ダウンタイム
抜糸までの1週間は細かく縫った糸が沢山付いています。ダウンタイムは1週間です。
傷跡は日にちの経過とともに目立たなくなります。

【症例写真解説】
40代女性の鼻下短縮術(人中短縮術)(リップリフト)
(本人の希望)
鼻の下を短くしたい
(施術概要)
鼻下の付け根に沿って切開して、余分な皮膚と皮下組織を切除しました。
確実に鼻下が短くなり、上唇に立体感が出現して魅力的な唇になります。
上の写真は術前と術後2週間目ですが、傷跡は全くわかりません。
(リスク、その後の経過)
術後2~3日は多少腫れがあります。1週間後の抜糸の頃にはほとんど引いています。
傷跡は厳密に言えば残りますが、1週間後の抜糸直後でさえ、ほとんど分かりません。
(日常生活)
抜糸までの1週間は細かく縫った糸が沢山付いているので、この間はマスク等で隠していただきます、
傷の部分のお化粧が可能になるのは、1週間後からです。

料金表