横浜で働く美容外科院長の美容整形ここだけの話

横浜で働く美容外科院長の美容整形ここだけの話

横浜美容クリニック院長 白井邦雄が、美容整形の症例のご紹介や解説、美容整形に関する話題、日々の出来事などをお届けするブログです。

横浜美容クリニック院長 白井邦雄が、美容整形の症例のご紹介や解説、美容整形に関する話題、日々の出来事などをお届けするブログです。

  • フェイスリフト(切開リフト)
  • 50代の症例
2021.10.17

切開リフト(フェイスリフト)の症例解説 (画像あり)

今回は50代女性の切開リフト(フェイスリフト)の症例をご紹介しましょう。
頬の加齢現象を現すものが3つあります。
一つ目はホウレイ線が深くなり、目立ってくることです。
二つ目は、口角部のマリオネットラインの出現です。
三つ目は、アゴから耳の付け根にかけてのフェイスラインのダブつきです。

この中でホウレイ線に対しては、ヒアルロン酸あるいは脂肪注入などで一時的に
目立たなくさせることは可能ですが、マリオネットライン、フェイスラインに対しては、
ゆるんだ頬を引き上げないと改善しません。

切らないリフト(糸によるリフト)はそれなりの引き上げ効果がありますが、
食事をしたり話したりする際の口の動きで、少しずつ糸の引っ掛かりが無くなり、
思ったよりも短い期間で元に戻ってしまいます。

確実に効果があり、半永久的に持続する若返り法は切開リフト(フェイスリフト)が
一番です。

上の写真は50代女性の切開リフト(フェイスリフト)の術前と術後です。
正面の写真では、マリオネットラインが目立たなくなり、ホウレイ線も
浅くなっているのがお分かりいただけると思います。

上の写真では同じ方の切開リフト(フェイスリフト)の斜めから見た術前と術後です。
口角部のマリオネットラインが無くなり、フェイスラインのダブつきが改善しているのが
お分かりいただけると思います。

上の写真はやはり同じ方の真横から見た切開リフトの術前と術後です。
真横から見ると、フェイスラインのダブつきと二重あごが改善しているのが
より分かりやすく比較できると思います。

頬の加齢現象である、ホウレイ線、マリオネットライン、フェイスラインのダブつきが
気になり始めたら、確実に効果がある切開リフト(フェイスリフト)の手術がお勧めです。