横浜で働く美容外科院長の美容整形ここだけの話

横浜で働く美容外科院長の美容整形ここだけの話

横浜美容クリニック院長 白井邦雄が、美容整形の症例のご紹介や解説、美容整形に関する話題、日々の出来事などをお届けするブログです。

横浜美容クリニック院長 白井邦雄が、美容整形の症例のご紹介や解説、美容整形に関する話題、日々の出来事などをお届けするブログです。

  • 20代の症例
  • 耳(立ち耳・耳垂裂)
2021.09.25

立ち耳を治す (画像あり)

立ち耳とは、耳が正面を向いている状態の耳のことを言います。
対耳輪の後ろへの折れ曲がりが無いか少ないと、この立ち耳の状態になります。
軽度の立ち耳ですと、耳の上部の折れ曲がりが少ない場合が多いです。
最近は男女ともに、この軽度の立ち耳を気にされて手術を受けられる方が増えてきました。

上の写真は20代女性の軽度の立ち耳形成の術前と術後です。
基本的に耳全体は後ろに折れ曲がっているのですが、上部だけは後ろへの
折れ曲がりが少ないです。

上の写真は同じ方の立ち耳形成の左右各部位別の術前と術後です。
上部のみが立ち耳の状態です。
この軽度の立ち耳形成は非常に難しいです。
折れ曲がりが過ぎると、耳の下半分とのバランスが悪くなってしまいます。
不自然にならないよう、気を付けて手術を行わなければなりません。

上の写真は同じ方の立ち耳形成の術前と術後を真横から見たものです。
真横から見ると、耳が正面を向いているのが上部だけであることが
お分かりいただけると思います。

上の写真は別の方の立ち耳形成の術前と術後です。
同じく20代の女性で、完全な立ち耳ではなく、上部のみの軽度な立ち耳です。
最初の症例の方とほとんど同じ耳の形ですね。

上部のみの立ち耳ですと、耳の上がとんがって見え、サタンの耳っぽい形に
見えます。
西洋人だけでなく、何となくこの形の耳には抵抗があるのかもしれませんね。