↑

事前に担当医となる院長による
無料相談が受けられます。

若返り専門の美容クリニックが行う 人中短縮術 鼻下短縮術/リップリフト

  • 人中短縮術 鼻下短縮術/リップリフト 症例1
  • 人中短縮術 鼻下短縮術/リップリフト 症例2
  • 人中短縮術 鼻下短縮術/リップリフト 症例3
自然な仕上がりを重視しています!
院長 白井 邦雄

なぜ全国から横浜に人中短縮術の施術を受けに来るのか?

症例写真を見て全国から
お問い合わせが殺到しています。
そこには、横浜美容クリニックで
人中短縮術の手術を行う理由があります。

人中短縮術(鼻下短縮術)って?

このような方におすすめです。

  • 元々鼻の下が長い方
  • 加齢によるタルミで鼻の下が長くなってしまった方
  • 上唇が薄いので、豊かな上唇にしたい方

リップリフトは、人中短縮術、鼻下短縮術とも呼ばれ、鼻の下を切開手術によって短くする手術のことを指します。
鼻下の皮膚が上方に引き寄せられるため、上唇がより立体的な厚みになり、 魅力的な唇になります。
この事から「リップリフト」とも呼ばれています。

確かな腕、 人中短縮術の 名医はこう誕生した!

1984年に聖マリアンナ医大を卒業し、十仁病院横浜院、その他大手美容外科病院の院長として30年の経験、実績がある美容外科の第一人者。
誠実で良心的な医療に対する真摯な姿勢が、多くの患者様から信頼され共感を生んでいる。

院長施術風景
  • 点滴治療学会会員証 点滴治療学会会員証
  • 適正医療機関認定書 適正医療機関認定書
  • 日本美容外科医師会認定 日本美容外科医師会認定
  • 日本美容外科学会認定 美容外科専門医 日本美容外科学会認定
    美容外科専門医
  • 講習セミナー受講修了証 講習セミナー受講修了証
  • ジュビダームビスタ® 講習セミナー受講修了証 ジュビダームビスタ®
    講習セミナー受講修了証
イメージ画像

毎日のように全国から患者さんがいらっしゃいます。
ぜひ無料カウンセリングにお越しください。

当院の人中短縮術の特徴

  • 特徴1

    傷跡は抜糸直後から目立ちません。

    鼻の下、横に一直線の傷跡が残っている病院もありますが、傷跡が目立つので論外です。
    当院での傷跡はほとんど鼻の穴の中に隠れてしまうので、抜糸直後から目立ちません。

    このイラストは鼻下短縮術(人中短縮術)の術前と術後、切開線を示したものです。

    鼻下部分の皮膚を鼻の穴の輪郭に沿って切開して、余分な皮膚を取り除き、上方に引き寄せて縫います。
    この切開線が大事です!
    鼻の下、横に一直線の傷跡が残っている病院もありますが、傷跡が目立つので論外です。当院での傷跡はほとんど鼻の穴の中に隠れてしまうので、抜糸直後から目立ちません。ダウンタイムは抜糸までの1週間です。

    人中と呼ばれる(鼻の下)が長いと、間延びした顔や、のっぺりした顔に見えることがあり、鼻の下の長さで悩んでいる方にとっては、鼻下(人中)短縮術は非常に嬉しい施術だと思います。
    見た目も若々しくなりますよ。

    鼻下短縮術(人中短縮術)の術前と術後の切開線
  • 特徴2

    人中短縮術+切開リフト(フェイスリフト、ミニリフト)

    切開リフト(フェイスリフト、ミニリフト)と同時に受けられると若返り効果が倍増します。

    人中短縮術が若返り効果があることを認知されている方が多くなり、
    最近切開リフト(フェイスリフト、ミニリフト)+人中短縮術の手術を受ける患者さんが増えてきました。
    確かに頬のタルミが生じてくると、鼻下も同時に弛みはじめ、鼻下の長さが長くなってきます。
    人中短縮術単独でも若返り効果がありますが、切開リフトと同時に行うことによって、顔の中心部から頬の両側(フェイスライン)まで、顔のほぼ全面の若返りになり、若返り効果がより引き立ちます。

    イメージ

人中短縮術のメリット

お顔の間延びした印象が大幅に変わる

リップリフトを行うとお顔の間延びした印象がなくなります。
また横顔にも変化が見られます。人中(鼻から口までの部分)が短くなるだけでなく、上唇が厚くなります。
上唇が厚くなることで、お顔を横から見た時も間延び感が薄れ、若々しい印象になります。
綺麗な顔立ちの重要なポイントは「お顔のパーツのバランス」です。
リフトアップなら人中の幅を短くすることでお顔全体のパーツ位置を整えることができるため、お顔の印象を変えやすい手術になっています。

人中短縮術の副作用、ダウンタイム

リップリフトには手術を受けるにあたっていくつか副作用やダウンタイムが発生します。
ここでは、副作用やダウンタイムの具体的な期間についてご説明します。

副作用

1.医師によって成果が異なる

傷跡が目立たないようデザインして手術することで、ほとんど目立たなくすることは可能ですが、医師の技量により成果はバラバラです。

2.一時的に上唇が動かしにくくなったり、
笑いにくくなる

皮膚が短くなっているため、術前とは違う感覚になり初めは違和感があります。時間が経つにつれて馴染んできます。

3.口が閉じにくくなる

皮膚切除により上唇が上に移動するため、口が閉じにくくなります。
歯並び等の関係により元々口が閉じにくいという人は注意が必要です。

4.ガミースマイル気味の人は相談が必要

もともとガミースマイル気味である人は、美容外科の医師などに一度相談しましょう。

ダウンタイム

リップリフトのダウンタイムは、抜糸までの1週間です。
傷跡がほとんどわからない、というのが当院の人中短縮術の一番の売りなので 切開した傷は糸で縫合されます。

抜糸は約1週間後に実施されます。
なお、リップリフトでお顔全体に腫れが出ることはあまりないため、
糸が付いた状態でもマスクをしていれば私生活に問題をきたすことは少ないでしょう。

イメージ

仕上がりの自然さ、綺麗さを重視

当院の人中短縮術は何よりも自然な仕上がりを重視しています。
当院での傷跡はほとんど鼻の穴の中に隠れてしまうので、抜糸直後から目立ちません。
自然に綺麗に若返ってこそ、高い満足感が得られるものです。

症例写真をご覧ください。
皆さん、キレイに若返っています。

  • case01

    40代女性
    鼻下の付け根に沿って切開して、余分な皮膚と皮下組織を切除しました。
    確実に鼻下が短くなり、上唇に立体感が出現して魅力的な唇になります。傷跡は全くわかりません。
    症例1
    術後
  • case02

    30代女性
    鼻の下の付け根ぎりぎりの部分で切開して、余分な皮膚、皮下組織を取り除きます。
    切除した部位より下方を少しだけ剥離して、上方に縫い寄せます。写真は1週間後の抜糸直後のものです。すでに傷はほとんど分かりません。
    症例2
    術後
  • case03

    30代女性
    鼻の下の付け根ぎりぎりの部分で切開して、余分な皮膚、皮下組織を取り除きます。切除した部位より下方を少しだけ剥離して、上方に縫い寄せます。鼻下の長さは、さほど長くないので、やや控えめにしました。
    症例3
    術後
  • case04

    30代女性
    鼻の下ぎりぎりの部分で切開し、約5ミリ程度鼻下の皮膚と皮下組織を切除します。この時注意しなければならないのは、取り過ぎです。写真は術後2週間目ですが、傷跡はほとんどわかりません。
    症例4
    術後
  • case05

    40代女性
    鼻の下の付け根ぎりぎりの部分で切開します。この方は上唇がめくり上がりそうだったので、少し控えめに切除しました。切除した部位より下方を皮下剥離して、縫い寄せました。写真は術後3週間目ですが、傷跡はほとんどわかりません。
    症例5
    術後
  • case06

    30代女性
    鼻の下の付け根ぎりぎりの部分で切開して、余分な皮膚、皮下組織を取り除きます。この方に対しては比較的多めに切除しました。
    切除する量は人によって異なります。
    症例6
    術後
  • case07

    30代女性
    唇を厚くしたいという方だったので、多めに鼻下の皮膚を取り除きました。多めに取り除いてもガミースマイルにはなりません。鼻の下横一直線に取り除く病院と異なり、傷跡はわからなくなるのが特徴です。鼻下は短くなり唇も立体感が出て、魅力的な唇になります。
    症例7
    術後
  • case08

    50代女性
    出来るだけ鼻下を短くしたい、という希望でしたので、最大で約4ミリ切除しました。多く取り過ぎると後戻りの原因になるため、限界ぎりぎりの量で取り除きました。
    両頬から鼻下(中央)までお顔全体の若返りになるので、若返り効果は倍増します。
    症例6
    術後

費用と期間

施術時間施術時間
30分
日帰り日帰り
〇
当日手術当日手術
×

手術のリスクと術後の日常生活

1.施術概要

鼻の下の付け根ぎりぎりの部分で切開して、余分な皮膚、皮下組織を取り除きます。
切除した部位より下方を少しだけ剥離して、上方に縫い寄せます。
傷跡は抜糸直後よりほとんど分からなくなります。

2.リスク、その後の経過

術後2~3日は多少腫れがあります。1週間後の抜糸の頃にはほとんど引いています。
傷跡は厳密に言えば残りますが、1週間後の抜糸直後でさえ、ほとんど分かりません。

3.日常生活

抜糸までの1週間は細かく縫った糸が沢山付いているので、この間はマスク等で隠していただきます。
傷の部分のお化粧が可能になるのは、1週間後からです。

料金表

施術名 通常料金(税別) メディカルローン分割払い事例(税込)
鼻下短縮術
(人中短縮術)
(リップリフト)
200,000円
ローン月々 4,600
(60回払い)
初回:5,822円

受診からの流れ

  • 無料カウンセリング、診察
    術前に診察を再度行い、院長より直接日常生活の注意事項等のお話をいたします。
  • 手術前
    看護師より内服薬の飲み方、日常生活の注意事項等の説明があります。
  • 手術
    手術箇所の消毒をして、いよいよ手術開始です。局所麻酔の注射をしてから、手術を行います。
    約40分で終了します。
  • 術後処置
    手術終了後、縫合部分の保護のため、細いガーゼ付きテープを貼り終了します。

よくあるご質問

  • 手術時間はどのくらいですか?
  • 消毒や麻酔の時間も含めて約30分です。

  • 手術は痛いですか?
  • 完全に麻酔を効かせますので、手術は全くの無痛です。

  • 通院は必要ですか?
  • 1週間後の抜糸の日、1回のみです。

  • 術後は腫れますか?腫れるとしたら何日くらい続きますか?
  • 術後1~2日は多少腫れると思います。3日目より引き始め、1週間でほとんど引いてしまいます。

  • 元に戻ることはありますか?
  • 当院では出来るだけ後戻りしないようデザインしますが、それでも人によっては多少戻り気味になる事があります。ただし、前と同じ状態になる事はありませんのでご安心ください。

  • 術後、会話や食事に影響はありますか?
  • 術後3~7日は多少ツッパリ感がありますが、会話や食事にはほとんど影響ありません。

  • 抜糸までの間は目立ちますか?
  • 抜糸までの1週間は細かく縫った糸(黒色)が沢山付いていますので、この間はマスクなどで隠していただきます。

  • 暑い時期は汗をかきやすいですが、化膿しないか心配です。
  • 術後は抗生剤(化膿止め)を処方しますので、指示通り服用していただければ真夏でも化膿することはありません。

横浜美容クリニックのご紹介

  • 病院風景1
  • 病院風景2
  • 病院風景3
  • 病院風景4
  • 病院風景5
  • 病院風景1
  • 病院風景2
  • 病院風景3
  • 病院風景4
  • 病院風景5

住所

〒221-0835
横浜市神奈川区鶴屋町 2-9-10
曙ビル3F

TEL

0120-63-0031
受付時間 10:00~19:00
(土日祝日も電話受付対応)

アクセス

JR横浜駅西口 徒歩3分

お問い合わせはこちらから

※入力エラーがあります。赤枠内をご確認ください。

  • フォームの
    入力
  • 入力内容の
    確認
  • 送信完了

下記項目を入力の上、【入力内容を確認する】ボタンを押してください。必須は入力必須項目です。

お名前
年齢
ご連絡先電話番号
メールアドレス(半角英数)

迷惑メール対策などで「ドメイン指定受信」等の設定をされているお客様は、当院からのメールを受信できるように「@yokohamabc.co.jp」「@msh.biglobe.ne.jp」からのメールを受信できるように設定を行ってください。

ご相談箇所をお選びください。※3つまで選択可
ご相談内容
  • フォームの
    入力
  • 入力内容の
    確認
  • 送信完了

下記内容を確認の上、【この内容で送信】ボタンを押してください。

お名前
年齢
ご連絡先電話番号
メールアドレス(半角英数)

迷惑メール対策などで「ドメイン指定受信」等の設定をされているお客様は、当院からのメールを受信できるように「@yokohamabc.co.jp」「@msh.biglobe.ne.jp」からのメールを受信できるように設定を行ってください。

ご相談箇所をお選びください。※3つまで選択可
ご相談内容

ご確認いただき、宜しければ「この内容で送信」ボタンをクリックしてください。

戻る
この内容で送信
↑