横浜で働く美容外科院長の美容整形ここだけの話

横浜で働く美容外科院長の美容整形ここだけの話

横浜美容クリニック院長 白井邦雄が、美容整形の症例のご紹介や解説、美容整形に関する話題、日々の出来事などをお届けするブログです。

横浜美容クリニック院長 白井邦雄が、美容整形の症例のご紹介や解説、美容整形に関する話題、日々の出来事などをお届けするブログです。

  • その他
2019.05.15

鼻下短縮術(人中短縮術)とは? 

鼻下短縮術(人中短縮術)(リップリフト)という施術をご存知ですか?
一昔前は無かった施術です。
元々鼻の下が長い方、あるいは加齢による弛みで鼻の下が長くなってしまった場合に
適応になる手術です。
鼻下の皮膚が上方に引き寄せられるため、上唇がより立体的な厚みになり、
魅力的な唇になります。
この事から「リップリフト」とも呼ばれています。


上のイラストは鼻下短縮術(人中短縮術)の術前と術後、切開線を示したものです。

鼻下部分の皮膚を鼻の穴の輪郭に沿って切開して、余分な皮膚を取り除き、
上方に引き寄せて縫います。
この切開線が大事です!
鼻の下、横に一直線の傷跡が残っている病院もありますが、傷跡が目立つので論外です。
当院での傷跡はほとんど鼻の穴の中に隠れてしまうので、抜糸直後から目立ちません。
ダウンタイムは抜糸までの1週間です。

人中と呼ばれる(鼻の下)が長いと、間延びした顔や、のっぺりした顔に見えることがあり、
鼻の下の長さで悩んでいる方にとっては、鼻下(人中)短縮術は非常に嬉しい施術だと思います。
見た目も若々しくなりますよ。